') ?> コールセンター勤務で重要なストレスマネジメント

コールセンター勤務で重要なストレスマネジメント

  • 広島の社長
  • ザ・KAIZEN
  • プライバシーマーク制度

ストレスを感じやすいコールセンターの仕事

コールセンターの仕事は、主に電話で話すことです。
しかし、ただ話すだけでなく、メモをとったり、パソコンで入力作業を行ったりするため、電話をしながら複数の作業を同時にこなす必要があります。
コールセンターは集中力が必要なため疲労を感じやすく、作業量の多さや環境にストレスを抱える人も多いでしょう。
また、コールセンターといえばクレーム対応をしなければいけません。
問い合わせ内容の中には、正当な内容ではないクレームもあり、理不尽なことを言われたり、怒鳴られたりすることもあります。
そのような時に、一番ストレスを感じるのではないでしょうか。
コールセンターの仕事に限らず、どの仕事にもストレスを感じますが、コールセンターの仕事を続けていくにはストレスマネジメントが大切です。

ストレスマネジメントが大切

ストレスマネジメントとは、ストレスとうまく付き合うことです。
まずは、どのような状況でストレスを感じるのかを知る必要があります。
自分が置かれている状況、心や体に表れている反応を知り、適切なストレスマネジメントを行いましょう。
コールセンターのストレスマネジメントは、仕事中に意識的にリフレッシュするようにしましょう。
電話をしながらリフレッシュすることは困難ですので、休憩時間を有効活用してください。
電話対応で嫌なことがあったりすると引きずってしまうことがありますが、極力、気持ちを切り替え、次の電話に挑むことがポイントです。
コールセンターには多くのオペレーターが在籍していますが、相性が合わず、人間関係にストレスを感じる場合は、一人でも信頼できる人を見つけ、円滑な人間関係を構築することで解決できる場合が多くあります。
そして、コールセンターの仕事が終わった後は仕事のことを一切考えないようにしましょう。
コールセンターの仕事にストレスを全く感じないことは困難ですので、自分でストレスマネジメントが大切です。