') ?> コールセンターでのリストクリーニングについて

コールセンターでのリストクリーニングについて

  • 広島の社長
  • ザ・KAIZEN
  • プライバシーマーク制度

コールセンター業務を効率的に行うにはリストクリーニングが大事

コールセンターは日本全国にたくさん存在しており、インバウンドやアウトバウンドに関する業務を行っています。
特にアウトバウンドによって営業活動などを行う際には、リストが必要不可欠でしょう。
あらかじめ用意しておいたリストに従ってコールセンターにいるオペレーターが電話をかけることになりますが、そのリストの信用度が低いと当然パフォーマンスの高さを期待できません。
何年も前のリストであれば電話番号が変わっている可能性もありますし、リストに書かれている各情報もイマイチ信頼できません。
例えばコールセンターがアウトバウンドによる営業を行うことになった場合、リストの新しさや正確さによって成約率などがかなり異なってきます。
それではコールセンターが本来果たさなくてはいけないことを成し遂げることは難しいですので、定期的にリストクリーニングをしなくてはなりません。
リストクリーニングというのは今コールセンターが有しているリスト情報を最も新しいものにするというものです。

リストクリーニングの重要性について

リストクリーニングによって、コールセンターが持っている情報を更新することで、本当に自社製品やサービスを活用しそうなターゲットに正確にアプローチすることが可能です。
このクリーニング作業を行うだけでは収益を得ることはできませんが、効率的なコールセンター運営を目指すのであれば必須です。
リスト情報の更新というのは簡単なことではありませんし手間もかかりますが、手間以上のパフォーマンスを見込むことができます。
もしリストクリーニングをしないで電話でのアプローチをするとなると、電話が繋がらない、予想しているほどの成約を得られない…などの可能性もあるでしょう。
あまり成約が出ない…と困っているコールセンターは、一度情報を更新してもることも大切かもしれません。