') ?> コールセンターの新人オペレーター育成のポイントとは?

コールセンターの新人オペレーター育成のポイントとは?

  • 広島の社長
  • ザ・KAIZEN
  • プライバシーマーク制度

コールセンターにおいて新人オペレーター育成は大事

コールセンターの仕事が成り立つのは、オペレーターがいるからこそです。
しかも、コールセンターを新たに設けるにあたっては、数多くのオペレーターを必要とします。
この仕事は決して定着率が高いとはいえないため、新人オペレーター育成はとても重要なものになるでしょう。
特に未経験のオペレーターの場合は、しっかりと教育を行わないと実践で使えません。
それどころか、顧客満足度の低下やクレーム増大にも繋がってしまいます。
しかし、新人オペレーター育成に力を入れていると、早く一人前になり、その分離職率も低くなるでしょう。
コールセンターの新人オペレーター育成を行う上で、いくつかポイントがあります。
まずは、仕事の範囲を具体的に決めるのは、やめたほうがよいでしょう。
もちろんオペレーターですから、すべての仕事を行えるわけではありませんが、具体的に仕事の範囲を決めると意識が低くなり、仕事に悪影響が及びます。
ただし、オペレーターが関与すべきではない部分もあるため、その最低限の範囲は教えておくべきです。

コールセンターの新人オペレーター育成を成功させるために

新人オペレーターは何もかもが初めての経験ですから、突然難しいことを言われても困ってしまいます。
ですから、個々の状況に応じて適切に新人オペレーター育成を行うようにしてください。
それぞれのレベルに沿った教育をして、育成することが重要といえます。
新人オペレーター育成の中で大切なことは、モチベーションを高めるということです。
モチベーションが低いと、それは電話相手にも伝わり、結果的にコールセンター自体の信用にも繋がってしまうものです。
新人オペレーター育成の際に、しっかりと自信をつけることができた場合は、より早く即戦力として機能しやすくなります。
同じオペレーターであっても、結局のところ、育成をする側の人間次第で著しく成長することもあれば、逆にダメになって辞めていってしまう例も多々あるので注意が必要です。