') ?> コールセンターでのアウトバウンド業務のポイントとは?

コールセンターでのアウトバウンド業務のポイントとは?

  • 広島の社長
  • ザ・KAIZEN
  • プライバシーマーク制度

コールセンターで行うアウトバウンド業務

コールセンターでいわれているアウトバウンドとは、コールセンター側からお客さんに対して電話をかけて営業や提案をする業務です。
対して、インバウンドはお客さんからかかってくる電話をオペレーターが受ける業務になります。
この2種は正反対の業務となりますので、求められるスキルも全然違ってきます。
インバウンドであればお客さんからかかってきますが、アウトバウンドは逆ですから、迷惑電話となる可能性があり、それを念頭に置くことも重要です。
基本的にアウトバウンドというのは、営業電話を行う際に用いられる手法ですから、宣伝する商品やサービスについての情報は、しっかりと叩き込んでおく必要があります。
基本的な性能だけではなく、商品やサービスを使って得られるメリットについても把握しておくことは当然です。
電話相手の心を動かして契約に結び付けられるよう、ベネフィットを押さえておき、なおかつ相手にしっかりと伝わるような話し方を心がけることが大事でしょう。

コールセンターでのアウトバウンド業務を成功させるために

コールセンターでは、営業電話をかけることも多いのですが、より良い成績を挙げるためにはアウトバウンド業務に関するポイントを知ることも重要でしょう。
電話を受けた人にとっては、突然の営業電話なわけですので、不信感を与えてはいけませんし、電話を受けている人がどのようなメリットを享受することができるかも、伝達して知らせるべきです。
購入してもらうためには、動機づけをする必要があるのですが、それをしっかりと考えていきましょう。
それを行ううえで大切なのは、アウトバウンドによる電話を行う前段階でもあるターゲットの選定です。
これを誤ってしまうと良い結果は生まれませんし、無駄なアウトバウンドを行うことになってしまいます。
コールセンターにおけるアウトバウンド業務は、電話をかける前から戦いははじまっており、また電話中にはいかにして相手に魅力を伝えられるかも大事です。