') ?> 離職率の低いコールセンターとは?

離職率の低いコールセンターとは?

  • 広島の社長
  • ザ・KAIZEN
  • プライバシーマーク制度

コールセンターは離職率が高い?

コールセンターは非正規労働者が多く、求人情報サイトなどでも常に大量に募集されています。
高給なアルバイトという印象も強くありますが、実はコールセンターは辛くて苦しい職場も多く、離職率も高いと言えます。
離職率が高い理由の一つはクレームの多さです。
募集の際にクレームなしと書かれていたとしても、実際にお客様と会話をすれば会話の中でちくりと言われることはあります。
そのような時は社員に応対方法を尋ねたいところですが、社員のサポート体制が不十分で結局自分ですべて応対しなければならなくなったりもします。
社員のサポート不足は非正規雇用者の不信感を抱かせてしまうことにもなりかねません。
また、研修ありとされていても実際はしっかりとした研修をされなかったり、応対の内容が専門的で難しすぎたり、ノルマが課せられたりとオペレーターにかかる重圧は二重三重にも及びます。
このようなコールセンターでは長続きするはずもなく、離職率は上がるばかりでしょう。

離職率が低いコールセンターに変えるには

コールセンターの離職率が高い理由について上記しましたが、離職率を低くするにはそれらの逆の道を選択すれば良いのです。
たとえば、クレームが多くても社員やSVのサポートが十分ならストレスは軽減されます。
入社前の研修だけでなく、新しいマニュアルが追加されたら随時研修を行ったり、定期研修を行っているようなコールセンターも離職率は低くなります。
オペレーターは自信を持って応対に臨むことができますし、企業に対する信頼感も保持することができるのでしょう。
さらに、休憩時間が決められた時間通りに与えられる、残業がないという点も働きやすさの面で大きなポイントとなります。
実際に離職率の低いコールセンターはオペレーターが生き生きと働けて業績も伸びる傾向にあります。
離職率の高いコールセンターにはそれなりの理由があります。
良い人材の確保・育成をするためにも、離職率の低いコールセンターを目指しましょう。